体験ちゃんとたるひめちゃん


さっそく、「を」の読み札とは、
「をんがらで ちょいとかついだ おおずみ こずみ」でした。
茅野市はこの身近な2つの里山を、市民と一緒に体験ゾーンにした。
その小泉山には7箇所の登り口があり、徒歩以外に頂上へは行けない。つまり、ミニトレッキングが楽しめるのである。そのシンボルが「体験ちゃん」。
どろんこ前の大泉山にはなぜか歌碑が沢山あり、名所「多留姫の滝」がある。
よってこちらは「多留姫文学自然の里」となった。
こちらのシンボルは「たるひめちゃん」。
どちらもどんぐりがモチーフで、こうしてピンバッチにもなった。
こんなことで体験ゾーンに参加できて嬉しく思う。

体験ちゃんとたるひめちゃん” への2件のフィードバック

  1. 可愛いキャラクターですね、どろさんがデザインされたのですか?

  2. 恥ずかしながら、おじさんに似つかぬキャラでしょ。
    スキャナーが上手に使えれば全部ここに残しておきたいんですが・・。
    冬に挑戦してみます。

ただいまコメントは受け付けていません。