日本みつばちや~い

<玄関横紅モクレン下に>
<裏のライラックの下に>
諏訪の岩波金太郎さんが、どろんこに丸太の巣箱を持ってきてくれた。3つも。
「ここはいい場所だから必ず来ますよ」
つまりまだ女王ハチのいない空っぽの巣、これから住人を募集する。
3ヶ所置いた丸太の中で、なんと玄関入口が条件的に1番いいと言う。「え!?、大丈夫?」
日本ミツバチはおとなしく、知らんぷりしてればどうってことないらしい。
金太郎さん曰く、
「ミツバチも住宅難だから、まず偵察がやってきて、条件が良ければ一家で引っ越して来ますよ、2~3日で。よければ蜂蜜のしぼり方も、簡単ですから」
畑を拡大したり、4tものそばガラ堆肥に挑んだり(温度上昇で悪戦苦闘中)、日本ミツバチに手を出したり、おじさん正気?
タンゴはさっそくマーキングをしていた。

日本みつばちや~い” への2件のフィードバック

  1. 「キンリョウヘン」とかいう花の植木鉢にネットをかけ、巣箱の入り口近くに置くとハチがよく入ると伊豆の養蜂家に教えてもらったことがあります。
    寒い地方ではライラックなのかな。
    ともあれ、「養蜂家」って、よい響きですネ。
    甘~い成果があるようにお祈りしてマス。

  2. へ~、キンリョウヘンですか。
    じつはまだ住人は下見にもきてないから、買ってきておいてみようかな。
    ありがとう。

ただいまコメントは受け付けていません。