秋のネンビロ


ここへきてようやく里も色づき始めた。黄色やオレンジの色がぽんぽんと。
最近は夜露が多いから早朝に畑に入ることも少ない。なんしろ泥だらけになるし、手を洗うにも水の冷たいこと。
今朝の朝日新聞に「輸入の冷凍インゲンに30000倍の農薬が・・・」とあった。TVでも。
我が家ではとれ過ぎたインゲンは冷凍にしてある。余計な心配をせんだけでもよかったと思う。
しかもどろんこの横の土手では秋版のネンビロ(根広)が今真っ盛り。丸い根っこも美味いけど、この葉っぱだって酢味噌で十分美味しい。
先日娘たちにわずかばかの野菜を送った。キャベツなんて虫食いの見た目のよくないものだけど農薬は一切使ってない。(本当はただ面倒なだけなんだけど)
ネンビロが食いたい方、どろんこに来んさいな。

秋のネンビロ” への5件のフィードバック

  1. 我が家の冷凍庫にも冷凍インゲンあります。
    そろそろ食べないと、水分抜けちゃうかな?タッパにいれてるだけなんで(笑)
    野菜をこまめに冷凍しておくと、便利だし、安全だし、いいですよね。
    ネンビロ始めて聞きました。写真はネギとかノビルに似て見えますけど・・・
    お酒がすすみそうだなぁ

  2. うさぎさんへ
    ノビルもネンビロ(ネビロ)もたぶん同じじゃないかなあ。
    スーパーなんかでは下の玉になったものがパックで売られてるから。昔から、
    「根っこは採るな、土手がくずれるから」
    そんな話を耳にします。

  3. 長野県出身、在住、48歳です。
    子どもの頃、保育園の頃です、よく採りました。とくに。祖母、父が喜んでくれるのが張り合いで、根っこの部分まで、きちんと採れるように、幼いながら気を配って穴を掘りました。
    私の子にまで、この”ねんびろ”ですがつたわりませんでした。ツクシは採ってきましたが。
    ネットで思わず懐かしさのあまり検索かけましたが、ねんびろ、ありましたね。思い出話、披露できました、ありがとうございました。

  4. この土手は今も変わらず毎年沢山のねんびろができます。
    どろんこのお客さんにどうぞと言っても採っていく人はいませんが。
    といってもこれからは草刈りシーズンに入るのでねんびろも伸びては刈られの繰り返しですけど。

コメントは停止中です。