ちょっとショック


新聞は全国とローカルの2紙をとっていて、まず先にローカル紙から目を通している。諏訪地方のことが細かくのっていて、知った顔や建物などがあって親しみを感じるから。それと、おくやみコーナーも見逃せない。
その中で今朝ショックだったのが穴倉全焼の記事、じい様たちの憩いの場だ。なんでじい様たちかということはおいといて、そこでワラジとゾウリの作り方や違いを教わったことがある。
どろんこから車で3~4分、すぐ前に温泉施設があり今年も1回くらい顔を出したいなと思っていた矢先だった。昔ながらの細工道具や馬のワラジ(カテゴリ・穴倉のワラ細工参照)などの消失は本当に残念だけど、一刻も早い復興を期待する。