たかが痔の手術その4

JUGEMテーマ:健康

  退院してちょうど2か月が経過した。その後どうだったのか、中間報告がてらの参考に。
術後3週間目に無理してコンペに参加した時は歩くのがやっと、しゃがむのも女しゃがみ、でもスコアよしで皆に「ほんとに手術したの?」とからかわれたくらい動きがノロかった。
今はハシゴも脚立も上れるし畑仕事も普通にできるまで回復してます。

この問題は毎日きちんと便が出るかどうか。完治するまでは便秘が1番怖かった。だから傷口の炎症を抑えるための強力ポステリンサン軟膏(2g)、食後に飲むとツムラのZ字湯は大きな味方、ほんとに大助りでした。
先生からアルコール摂取は呑み過ぎなければ問題ないという言葉に素直に従い、毎日晩酌してたことも便を軟らかくしてた一因だと思ってるケロ。(多分)
途中左親指を怪我したりもしたけど、傷口の痛みを和らげるのにどちらも入浴は効果てき面、気持ちいいから試すといいす。
毎日が忙しくて身体を動かさざるを得なかったことも生活のリズムを守ってたし。
薬は徐々に減らすようにしてたら、今度は飲むのを忘れたりポステリンサンも使わなかったり。つまり、すっかり良くなったってことでせうか。

私の場合は長い間騙しだましひきずってきただけに手術という方法になったけど、糸で縛ったり注射で消したり、中には入院覚悟でバイク乗りまわしてたら治った?とかいう方もおられ様々。
これで秋のゴルフが楽しみですわ。

たかが痔の手術その4” への2件のフィードバック

  1. お元気なようでホッとしました。
    どうかご油断なく今後も養生してください。

  2. ありがとうございます。
    人生初の入院が痔の手術なんて大きな声で言えませんがいい経験をさせていただきました。
    それにしても病院という所は大繁盛ですね。

ただいまコメントは受け付けていません。