食う寝るひるは健康な証

JUGEMテーマ:ペット

 
やはり12月、昨日の夕方から雪が舞う天候に慌てた人が多いんではないか。まだまだ普通タイヤで走っている車が多いのでは。そういう自分たちも。
本当は週末に履き替えたかったけどどうしても仕事優先になり、落ち着いてからと思っていた矢先だった。
今朝回り一面薄っすら白いけど、幸い道路は普通に走れるから通勤渋滞はなかった。

先日何かにつけ弱ってきたタンゴの事で掛かり付けの獣医さんにお話を伺った折、この種は14歳を過ぎると極端に少なくなるという統計があると聞いた。なるほどうなづける。
聞こえてるのか私が呼んでも反応ないし、目は白内障でよく見えてないみたいだし、若い頃のようにクルミだって割れないし、何より好きだった散歩は嫌がるし。
おしりに血豆ができ、痒いからこするとそれが潰れ座布団などを汚すから始めた”おむつごっこ姿”に最初は笑っていたけど、今では人間の大人用を使うようになった。
するとどうだろう、好きな時にできるからおむつの中で用を足す事を覚えてしまい、週2回のゴミ出しの袋の重い事。どこにでもある老人介護と同じだから、こういうものかと知る。
そしてこの種唯一の元気の源といえば”食”、これだけはまだ健在で、相変わらず妻の立つ台所では落ちこぼれを狙ってジャマ物扱いされている。
食う寝るひるだけになってしまったけど、それでも1番可愛い。