白内障手術でクルミくっきり

JUGEMテーマ:日記・一般

 
先月からちょくちょく電車で松本へ通っている。
初診、手術の打ち合わせ、そして片眼の手術という具合に。

金曜の午後、白内障手術は短時間(10分くらい)で終えた。
その為の準備等で仰向けになってる時間のほうが長く少し緊張したかな。

常に強い光が当てられ室内の様子は伺えないが、先生の「始めます」から針のようなものが横から入ったように思ったが実際はまぶたの上の方からだった。
それからは七色の輝きが万華鏡のように変化し、飽きる事のない映像を見てるようで時間が短く感じたくらい。
翌朝は8時半までに来てくれということなのでホテル泊はちょっとしたプチ旅行気分。

そして翌日眼帯をとると、「おおっ!くっきりはっきり遠くが見える」
片眼で十分という感じだけど、見え過ぎてバランスが悪い。
両目を開いているのに眼帯をかけてるような、やっぱ両目やらなきゃ。
あと何度か通うけど楽しみな通院と言っていい。歯医者さんのほうが緊張する。

ところで今朝新聞をとりにベランダの階段を降りたらクルミが地面にぎっしり。
新聞配達の車が何十個も踏みつぶしてあるけど、全然構わない気にならない。
いや~ホントよく見えるようになった。