チョー懐かしいテープが

JUGEMテーマ:日記・一般

 
昔、といってもほんの30年くらい前、まだCDよりもカセットテープ全盛の時代があった。
新しいテープを買うお金がもったいなくてFM昼のラジオ歌謡曲から予約録音していた。
帰宅してそれらを聴きこうしてタイトルやイラストを全て手書きして独自に整理した数が200本以上あったから当時はずいぶんずく(小まめ)があったなあと思う。
やがてCDが主流になってくるとだんだん聴かなくなり、しまいにはどろんこに来たお客さんに適当に持っていってもらったりしたから今は3分の1くらいになってしまった。
それらを先週あたりからちょくちょく聴いてたら懐かしくなり、PCに入れてCDに入れ直そうかなと思って今こそこそやってる最中。
とりあえずカセットテープはまだ健在みたいで嬉しい。

そんなテープの中に本物?が1本あったから奇跡みたい。
何年か前にブログにのせたと思うけど、若い頃描いたイラストが我が街の祭りのキャラクターになった。
当時その祭りのテーマソングを歌った歌手がこんな有名人で、お披露目に市民会館で歌謡ショーを開催してくれたのだ。
まだ小さかった長女を連れ特別に入れて観させてもらったけど覚えているかどーだか、なんせ途中で帰ると言いだしたから。
まあ子供にあの音響はちとやかましかったか。
はるみ節より途中退場のほうが印象に残っている。

とてもダサいカバーだけど自分にとってお宝の1品かもしれない。
なんしろ名前もいっしょに小さくデュエットしてるから。