絵との再会が楽しみ

諏訪地方に昨日久々の雨があった。
夜明け前からお昼までの短時間、並みの降り方だった。
それでも畑的には待たされていた分僅かでも有りがたい。
雨水タンクもまたいっぱいになったことだし、これでしばらくは凌げそう。

3月は凍みで畑に全然入れず、4月は寒さと雨でやはり入れず、5月は暑くてカラカラ陽気だったし、今年の春は気紛れな天候に皆迷惑している。
去年の8月は冷夏、2月より日照不足だった。
お天気は予報より占い、昔ながらの下駄が1番。でも我が家にはないし。
雨不足も困るし降り過ぎても迷惑だし、何でもほどほどがいい。

この絵は20年以上前にイメージで描いたもの。
15年前、コンペのあと親睦会で座ってるとこのワンちゃんがのそのそやってきて、一通り回ると消えていく。そっくりだわと思った。
ある日このワンちゃんがいなくなり大騒ぎ。このご主人区にお願いして区内放送をしてもらったという経緯があるくらい可愛がっている。
何枚か描いたうちの1枚を差し上げたら額に入れ大切に飾ってあった。
来週そのコンペがある。半年振りの再会が楽しみ。