まだ使える電池ドライバー

適度の雨続きは野菜にはいいけど、ちょっと見過ごせば雑草のちっくいのが芝生のようにぎっしり張りつめどえらいことに。
抜こうにもじめじめした土が根に絡み肝心の野菜まで一緒に起き上がる。
雑草取りは諦め今朝は玉ネギニンニクを抜いて洗うことに。
するとニンニクは間一髪というかやばかった。実割れを初めていたから。
そのままにしておけばもう少し大きくなるなんて欲をかけばこうなるから、ニンニクは収穫するタイミングが本当に難しい。

インパクトが主流の今だけど、一昔前は電池ドライバーだった。
こういったものは一般家庭で使う頻度は少ない。ほしいなと思ったらメーカーの新品を買うより知り合いの大工さんに安く分けてもらったほうがいい。へたするとタダで持ってけと言ってくれるかも。
使う人は性能のいい物にそのくらい買い換えるから持て余している。
このドライバーは15年以上前に買ったもの、戦力的に出番が少ないないがちゃんとまだ使える。むしろバッテリーのほうが問題。高いし。
まだ動くから捨てれない工具、使える道具を集め必要とする方に無料貸し出しできるようなネットワークを作ってみたらどうかと思う。