はたしてどんな色が

最近細々した仕事に追われるようになり、動いている割には数字に表れないという、率の悪い仕事を引き受けるようになってしまった。
引き受けた以上はせめて1年はやってみるつもりだがスタートから3カ月、事務所はもちろん作った風除室までその品物を見ない日がないくらい。
仕事があるのはありがたいこと贅沢言うな!、と叱られそう。
そんなこんなで日曜もなく働いてるんだからたまにはいいでしょうと、昨日平日なのに健康ランドでリフレッシュしてきた。
なんかお風呂甲子園で日本―に輝いたということで色々サービスがあったみたいだけど、男子は低温サウナがなくなり熱風サウナが新たに入っていた。
入ったとたん床が熱くて立ってられないくらい、「なんじゃこりゃ!!」
即退散、おらこんなのヤダ~、ということでそれ以外は◎。
しかし通うようになって10年以上ここはちょくちょく改装するなあ。

どうしてもまともに実の採れなかった我が家のブドウ、挿し木で育て3年目、ようやく袋掛けするような実がついた。
この絵のようにどっちの色がつくかはフタを開けるまで分からず。
これも楽しみの1つ。