されど金魚ちゃんに

どろんこにあるドウダンツツジが真紅になり燃えてるよう。
ということは里も当然紅葉、そのせいか日曜は紅葉狩りや各種イベントで諏訪地方の主要道路は随分渋滞したみたい。
その渋滞を避け遠回りして絵の教室の生徒さん親子がわざわざ届けてくれたものがある。
8月の夏祭りで孫たちが持ち帰った金魚4匹、20cmほどの丸いガラスのような器に入れていた。
黒の小さい出目金はすぐにいなくなったけどこの3匹は元気。
教室の日に、「よくこんなケースで生きてるね」という話になった。
一人が、「うちにたくさんあるから持ってきましょうか」
そんな経緯からケースが我が家にやってきた。

初めはダウンライトのついた60cmの大きな水槽だった。
それを組み立てるときに生徒さんの娘(といっても50歳くらい)Qさんは飼育歴が長いそうで、色々レクチャーしてくださった。
「金魚ちゃんもオシッコはするので(白い糸みたいなの)アンモニアで水槽が汚れる。このろ過剤にはアンモニアを分解するバクテリアが棲みついて・・・云々」
「水替えは慎重に徐々に慣らしたいので温度計とヒータもセットして、水替えは1週間に1度は・・」
無理!と思ったけどふんふんと相槌。
「水温が高くなると元気になっていくらでも食べるけど、その分水が汚れる」

そんなこんなでやっていくうち大きな水槽ではろ過水に流されるということで、再度30リットルの小さい水槽を持ちにいってセット。
水の温度を同じにしてからカルキ抜きを入れ、さあザブンと入れるのかなと思いきや金魚を水のままビニールの袋に入れ、水槽の水を30分毎に少しずつ加え水質に慣らすという。
これまでやってきた私のガサツな対応をとても口にはできない雰囲気。
たかが金魚だったのがされどになった瞬間。
「大きい水槽ももらってください、金魚ちゃんが大きくなったら移してください」
金魚は口パク、私は開いたまま、しばし別の世界に誘われてしまった。