おんばしらより

 御柱祭(おんばしら)が2日から始まった。
いつもなら初日早朝自宅から一人てくてく歩いてスタート地点へ。
今回は仕事が忙しく、頼まれた彫刻の制作が少し遅れていた。
それと次女が孫2人と春休み帰省(?)してたこともあり、この子たちのために1日空けておきたかった。
柱を見に行くにはまだ小さいということ、今回は風が強くそれなりの格好もしてこなかったということでパスすることに。
その代り買い物やファミレス、どろんこで粘土遊びなどして過ごした。
だから2日目、3日目は2体目の彫刻を進めている。
おんばしら前日、祭りのメインである「木落し」の坂に上がってみた。
いつからか有料桟敷が占有するようになりどこもかしこも桟敷だらけ。
昨日今日はカラフルな法被で見違える景色になってるはず。
”春に3日の天気なし”、山出し最終日はあいにくの雨となったが、ここを落としたあと「川越し」の難所が第2の見せ場。
最後の柱が川を渡るのは夕方、川の水は冷たいが柱の周りは熱い。