ご褒美に大きな絵てがみ

広島の熊野に1度は行ってみたいと前から思っている。

筆の里工房があり絵手紙文化を大きく広めた所でもある。

毎年35x70cmの少し大きめの絵手紙展を開催、今回20回という節目になる。

これまで何度か応募しいつも奨励賞だった。

今年は土偶レプリカの制作もあり仕事的にも多忙な日々の連続だったけど、GW明け何とか夜中に1枚仕上げたものを応募していた。

そんな事も忘れてた先日、夕方帰宅して目に飛び込んだA4対応の封筒、どうせまた奨励賞と思いすぐに封を開けずにいた。

そして食事前、片手でごそごそ出すが今回は何となく雰囲気が違っていた。

そしてよく見るとチラシの中の1つにありゃりゃ自分の絵が!

ete

裏を読むとどうやら12点がノミネートされNo4にいるではないか。

10月11日~11月10日の間にハガキやネット、もしくは会場で投票して賞が決まるとある。

なんとまあ、大賞は無理にせよこうして楽しみを待てるという事は幾つになっても嬉しいし大きなご褒美ですよ。

会期は12月4日まで、少し落ち着いたらプチ旅行をと考えていたが、広島もありそうな。