一生に1度はお伊勢さん

昨年の秋お参りに行く予定だったけど、急きょ広島に変更になった。絵手紙授賞式の参加のために。

それはそれで広島はまた行きたいと思わせるとてもいい街だった。諏訪地方と違いライフラインが整っているから移動しやすいし、食べる物も美味かった。

今回は時間を取り戻すべくこれも急きょ思いつき、行動に移した。もちろん三重は初めて。昔関西に居た頃何か遠足で行ったような記憶があるけど曖昧。先生が口やかましく雁字搦めのような行動が遠足を嫌いにした。いい加減を絵に描いたような自由気ままな河童だったから。

2泊3日でちゃんと外宮内宮をお参りさせて頂いた感想は、小銭がいくらあっても足りないという、さい銭箱だらけ。

ということでアップは食いもんに。その有名なおはらい横町の一コマ、このあわびが美味しかったこと。もちろん生ビセットだったから尚更。この兄ちゃんとの会話をツマミにしながら。

まだ通りに入ったばかりなのにこれだけで小腹を満たしてしまったくらい大きく柔らかかった。これから先誘惑が沢山あると思われるけど、どんだけアタックできるやら、胃袋はお互い小さい。(続く)