お伊勢さん3

どろんこ横の畑の片付けや準備をしたいと思うけど、まだ霜が降り土は凍みている。

三寒四温をくり返すこの時期は着るものに気を使う。

お伊勢さん3日目の帰り、なるべく海の近い鳥羽駅近くで食事をしようと探したが定休日のお店が多かった。どうせ伊勢市駅まで行くんだから外宮参道で探そうとなった。

入口の見本をを見て「これにしよう」

出てきた伊勢エビは見本と見た目随分違っていたが、麺はオリジナル味は濃厚身は揚げられ食べやすかった。ちょっと酸っぱいトマトがアクセントになって贅沢な昼食になったが、日ごろの労働に対してのご褒美と思えばゆっくり味わえることができた。

店名はたしか綱元食堂だったような。海鮮メニューが並ぶなかわざわざラーメンにした甲斐があった一品。(星3つ)

妻はお腹の調子がいま一つということで向いの2階のお店に飛び込み足湯やマッサージをしていた。

ゆっくり目の昼食だったがまだ出てきそうにないので入ってみると奥で施術中とのこと。待ってる間足湯をサービスしてくれた。桶には塩とシ―ガラスが入っておりこれだけで十分疲れがとれた気がした。

名前は「よいとこせ」、何だか御柱(おんばしら)の「よいてこさ」に似ている。気になったので由来を尋ねると「よいとこいせ」がそうなったような。御柱は方向転換するとき前後で梃子棒を持つ衆が活躍する。その時の掛け声が「良いテコさー」、そうなのではという想像。

いずれにしてもお伊勢参りはよく歩いた。このお店があった御かげで身も心もリフレッシュさせてもらいました。