何でちょう

今日の夕方辺りから週末頃までまた天気が下り気味の予報が。
残った玉ネギニンニクを昨日に続いて収穫することにした。
収穫も中腰やカニ歩きが多いから普段使わない筋肉にくる。
採るだけでなくざっとイモ洗いの要領で泥を落としカゴの中へ。
そしてベランダに並べて干す。
そのベランダに珍客が。 「そこは邪魔、どきなさい」
羽根を開こうともせず動きもせず。これがホントのムシ。
どろんこの周りをツバメやキセキレイ、その他たくさんの小鳥が飛んでいる。足長バチもそうだけどこういったチョウなども動かないほうが安全かも。

気になるからキムシ

JUGEMテーマ:日記・一般

 大阪が変わるかもしれないという住民投票が先日行われた。
傍から見ると東京市が東京都のように変わる歴史的な瞬間を味わえると期待したけど、僅差で否決される結果になった。
若い頃大阪に住んでいた事がある。数年前懐かしさもあって40年ぶり生野区に行くと、全く代り映えしない商店街がそこにあった。
大きく変わる事を望んでいない人たちがいた事を思い出した。

仕事が暇だった春先、事務所入口に風除室を手作りで設けた。
使わなくなった3階の欄間付きサッシを外し、正面にドカーンとはめ込んだ。
仕事が忙しくなり内装はまだ終えてないが、機能的には至極快適。
花の種もポット植えで育てているくらい。

そのガラスの内側に、どこから進入するのかたまにチョウや見知らぬ虫が。
まあこの仕事場どこも隙間だらけだから何がいても驚かんよ。
今までの珍客を挙げてみるとどこかの猫は私の横を通り何度もお勝手に入ってたし、カルガモの赤ちゃん、カケス、バンビに蛇、ツバメ、ムクドリ、キセキレイ、オニヤンマ、クマバチ、スズメバチ、カラスアゲハ・・・、細かいものまで含めるときりがない。
そういえばこの仕事場も老朽化以外変わりないなあ。

ところで君はトンボなのカゲロウなの?

ケサランパサラン?

JUGEMテーマ:日記・一般

  先週から仕事場の2階の片づけを日曜にやっている。
窓側に色々立て掛けてあったもんだから、どかしたら虫の死骸だらけだったという、おそらく現代人では眼にすることのできない光景にひるまず・・、何でここまでほっといたのやら。
その窓側を片付けマスクなしで普通に歩けるようになったのが先週。
上は2m角のハメ殺しのガラスが4枚、下は70cmx2mが4枚。
その下の窓は材料がプラスチックの継ぎはぎ。
10年以上も前にガムテープで補修してあったようだが隙間だらけで風がぴゅーぴゅー。
昨日はその窓4枚を1日かけて寒くないようリフォームした。
見た目はまずまず、これだって業者にお願いすればけっこうかかるから、出費を抑えた稼ぎと思えば日曜出勤てとこか。今年は2階で昼寝ができそう。
そんな比較的暖かかった昨日の朝、車をおりようとしたら見たようなものが。
我が家にときどき現れるケサランパサラン?
近々いいことあるかな。

運命のキバ石!?

JUGEMテーマ:日記・一般

 
手作り工房どろんこの今期の営業が昨日で終了した。
9月中旬以降は体験者が少なく、作品の焼成が遅れ届くのを心待ちしていた方には大変心配をおかけし申し訳なく思います。
秋は3連休が多く、例年だと作品が溜まり順調な発送ができるんですが、こんな秋もあるんだと反省、今後の参考にさせていただきます。
今年も大勢のご利用ありがとうございました。
また春まで冬眠に入りたいと思います。

ところで、どろんこの駐車場はすべて砂利敷きで、雑草もあまり生えてこない。
先日の朝スタッフの本間さんが来る前にサンダルで歩いていたら足裏に釘を踏んだような痛みが。
白内障の手術して裸眼で1.5の視力まで回復したけど、50cm以内はメガネがないとよく見えない。なのに持ってなかった。
サンダルの突起はビスか釘?底は潜りこんで姿が見えないし。
上からたたいたり下からえぐったり10分ほどからかってやっと出てきたのが石!?
まるで動物のキバみたい。しかもよく揉まれてきれい。穴をあければネックレスにしたいくらい。
ぽいと捨てれば2度と見つからない、何十万個の中から選ばれた石。
もしかしてジュラ紀のものかもしれない、そんなキバ石を探してみては。
来春どろんこの駐車場で。

このクソ寒いのに夜桜花見!?

JUGEMテーマ:日記・一般

 市内の観光活性のために「何とかしよう部会」がいくつもある。
10年も前から参加してるけど全部署覚えきらず遅々として進んでいないことだけは確か。
もし名案があったなら今頃は左団扇でこんな会議に・・・、そんな会議が昨日あった。
10人足らずで4時間近くだから寝る訳にもいかず(部長だから)、自分にとっては頭を使う事は重労働に等しくとんだボランティアである。
それもこれも会議のあとの懇親会が楽しみ1つに皆なっている。
予定より1時間延長の会議終了後の7時過ぎ、どこへ?
A氏 「仲間が夜桜花見やってるけどどう?ライトupされててきれいだよ」
B氏他 「このクソ寒いのに、勘弁してくれよ」
けっきょく近くの居酒屋へ行ったけどほぼ満席。なんだここも花見の延長かという雰囲気。
話題はやっぱ観光の話で、「なんだ会議の延長じゃんか」
延長は勘弁してくれよ。

今朝も霜柱が立つという氷点下のどろんこ周辺。
毎朝畑で何かしてるけどこんなに寒いと入る気がしない。

絶対に買いたくなる酒

JUGEMテーマ:日記・一般

  夏休みに入ると毎日どろんこにお客さんが来てくれるようになり嬉しい。
最近はリピーターが多く、新しいスタッフのシオリちゃんはまだ3週間だけど、そういったお客さんにもちゃんと対応しているみたい。ちゃんと笛も鳴らせるし。
そんな客の流れとして、どろんこ横の造形畑に入ってもらいたく、シルバー人材センターに草刈りをお願いした。この方たちはプロだから仕上がりが全然違う。
先日自分もカットしたばかりだけど、畑全体がそんな感じ。チョーすっきり。
そのプロ達が言うには、「ハチに2か所刺されちゃった、巣がいっぱいだよ」
そこで今朝はハチ退治のスプレーを持って刺殺に。
いる事ある事その数10個以上、覚えちゃあいないくらい。中にはヤバかった場面も。
じーさん達のお陰で身代わりなってくれるわ巣の退治はできるわ、何とお礼を申し上げてよいやら、これで孫たちが来ても安心して遊ばせてやれますわ。

ところで先日酒のスーパーに行ったおり、ラベルに非売品の「番外品」を見つけた。
新聞に包まれ光は許しませんという直立不動で待っていた。
「何々が蔵を訪問する来客VIPの為に特別に仕込み、リザーブしている秘蔵の・・・」
これはもう買うしかないでしょう!

じーさんたちの草刈りと同じ、美味いとしか言いようがない。

かくかくしかじかにくにく

JUGEMテーマ:日記・一般

 
東京では一気に桜が咲いたという映像が今朝のやじうまTVでやっていた。
桜の木の下でチューハイ片手に赤ら顔で楽しむ若者たちを見ればこちらもウキウキしてくる。どんどんやってくれ~。
片やベスト4まで進出したのに、敗れた原因をちくちく探るマスコミにはうんざりする。

桜が一気に咲いたと同じくらいインパクトがあるのが諏訪地方の地面、里では昨日の雨で雪が完全に消えた。とはいってもGWまでは”まだ降る”という心構えは必要なのでスタッドレスタイヤはまだまだ脱げない。

今年も鳥獣対策に頭を痛める区が多い。
仕事場のあるここ埴原田区(はいばらだく又はへえばらだく)は山を背負っている事もあり、民家の庭まで下りてくるから驚く。モロコシは収穫寸前に食べられるから作らないし他の作物も被害に遭うと聞く。
そこで今年は何kmにも渡って斜面に柵をこしゃるそうだ。
「開けたら閉めてください」の札を付けて。
ゴルフ場でも同じ対策がなされていたけど、結局は他に行けというだけで根本的な解決にはならない。奈良と同じように鹿公園区域を造ればいいのにと思う。観光の活性化にも通じるし。
昨今ジビエ料理が流行ってるらしいが、コンビニとかファミレスで一般に出回るようにするには、このゲストは手間暇飼料のかからない理想的な準家畜といえる。
自給率を高めるためにはそれシカない。

スズメバチの巣か!?

JUGEMテーマ:日記・一般

 早朝、といってもまだ暗い4時半頃、タンゴの吐くような音でベッドから飛び出た。
とりあえず灯りを点けて確認すると2か所に黄色いものが吐いてあったのでその上にティッシュを。そして急いで新聞紙を広げタンゴをそこへ。オムツを外して外へ出しその間に他もないか確かめる。
黄色い物はお腹が空いて出す胃液だから大したことはないけど、うえーうえーって音がしてりゃ寝てられん。そのままスターチャンネルで洋画劇場を。
「昼下がりの情事」、朝からこんなのやってるのか思ったらコミカルな内容で笑えた。オードリー最高。

そんな慌ただしい早朝からずっと雨が降っている。畑的にはとても嬉しい。

前々から仕事場のトイレ前に見覚えの模様が1枚落ちていた。
「何でこんな所に?」と不思議に思っていた。
ある日、3階のベランダに出てみるとこれが。 「はは~んこれか」
大きくなりすぎてその重さで落ちたみたい。
「まだいるかもしれん、ほっとこう」

孫からのプレゼント!?

JUGEMテーマ:日記・一般

  神奈川から戻った日から忙しい日が続いている。この時期にしてはありがたいことに休みも取れないくらい仕事で忙しい。これというのも孫から「じいちゃんがんばって」というご利益を頂戴したかも、ともうジジバカになっている。
最近は夏冬関係なくタンゴが遠くへの散歩をいやがるようになった。ということは私も歩く距離が減ったということだから、忙しくて身体を動かすのは当然か。

2日続けての雨の後融けるかなと思った雪は半分残った。それがまた氷点下が続き今度は固くなったから乗っても沈まない。久しぶりに奥まで行ったら足筋が幾本も。里に下りてきてもこの寒さ、何もないのに。

がちんごちんに

JUGEMテーマ:日記・一般

 どろんこ工房前の県道17号は、週末になるとスキー場に向かう県外車両が多くなった。昔みたいにキャリアに板を乗っけてという車は少ないから確信はないけど、そう感じる。
急いでいたり車間距離が短かったり、タイヤチェーンを巻いてるのさえいる。たしかに凍みた場所はあるけど、目的地はまだ遠い。着く前に切れちゃいますよ。
蓼科高原は雪というより毎日寒い日が続き”凍み上り”が進み、どろんこ周辺で5cm~10cmくらい。地べたが凍みて持ち上がる現象だけど、スコップどころかツルハシも刺さらない。
先日の天気コメントで山の方が、
「最低気温が何度か分からない時があった、下の-20℃までいってその先の表示がないから」
それに比べたらまだましな方だけど、野生の鳥獣ってすごいなと思う。

<凍みた用水>