モクレンの実と

JUGEMテーマ:日記・一般
 先週に続き昨日もコンペに行かせてもらいました。快晴無風の中、紅葉を楽しみながらキノコ探しもしたんですがあいにく毒キノコも見かけずキャディさんに、
「今年は無いの?袋持って来たのに」
「今年は1回出ただけ、ぜんぜん」
そんなキノコ不足なのに賞品に出た目玉はでっかいマツタケの箱入り、そういえば最近食べてないなあ。

我が家の紅モクレンに今年3回目の花が咲いたと思ったら、裏の白モクレンに実がついた。お初にお目にかかるですよ、食えそうにはないけど。


狂い咲きのついで(?)にライラックも薄紫の花を咲かせた。あんなこんな変な年。

チンチロリ~ンの秋

JUGEMテーマ:JUGEM
カエルからセミに、そして最今は朝夕コウロギが合唱のバトンタッチ受けています。
8月も終わりというのにまだ掘りだしてないジャガイモが半分以上あり気がかり、週末には何とかしたいと思ってるけど天気次第。
地面から覗かしてる赤い首を見ればさぞかし立派なと思いきや抜いてびlっくりがっかり、まるで朝鮮ニンジンみたい。

なんかジャーマンスープレックスをかけようとして・・・、姿形はどうであれこりこりしておいしいんですよ。

もしかしてキノコ?

JUGEMテーマ:日記・一般

 草むしりなど庭仕事をなから終えた8時頃、広報ちのから区内放送が一斉にあり西の方を向いて直立不動の姿勢を。
「原爆投下の日・・・、1分間の黙とうをお願いします」
放送がなければ忘れていたかもしれない。
そして9時過ぎ、今度は茅野市のお祭り「第36回ちのどんばん」の放送が流れた。ちょうど信州にやってきた頃に生まれた祭りで、子どもたちが小さい頃は毎年出かけたもんだったが巣立ちしてからは1度も観にいかなくなった。1企業として毎年寄付だけはしているのに。
これも放送がなければ忘れていたかもしれない。
カーっという暑さが戻ってこない、これは天気が忘れてるかもしれない?

焼いた木からもう出てきたキノコ? 形を忘れたかも。

ハンドランチグライダー!?

JUGEMテーマ:JUGEM

  先日長野県の端っこ富士見町へ行った折、国道沿いにある道の駅「蔦木宿(つたきじゅく)」へ寄ってみました。昼飯を食うために。平日というのにPは7分目埋まっているように見えたのはトラッカーが多いせいか。
その入口で木工体験をやってるおじさんがさみしそうにしてたので近づくと、「よく飛ぶよ」と言いながら椅子から立ち上がり勝手に飛ばせてみせた。

バルサ材という聞きなれない板だけど、昔の弁当箱の素材に似ている。もしかしたらそうかも。
大中小あり、中は縦横約25cmあるのにわずか5gmしかない。1円玉5枚は指先の感覚、本当に軽い。

本当は体験したかったけどあちこち寄らなければいけなかったので、とりあえず2体買ってきましたがこのままでは味気ない、ということでお化粧してみましたがどうでしょうか。ニスをスプレーして完成です。

これ太目の輪ゴムに引っかけて右上斜め45度に放てば1回左旋回したあと右旋回を繰り返しながら戻ってくるそうです。無風という条件で。少しの風でどこ行くか木枯らしモンジロウみたいなやつ。だから派手目にしたんですが、これからはハンドランチグライダー改めモンジロイダーで。

名付けて一本サンダル

JUGEMテーマ:JUGEM

 
家庭菜園をやってると草取りや草刈りと上手にお付き合いしなけければいけない。
先週までぐずついた天候が続いていたから、斜面草刈り機スパイダーモアの出番が少なかった。それでも合間をぬっては徐々に馴らし、昨日は朝からフル回転で草刈りの日をやってました。
畑の中もこれでやってるから遠目には芝生に見えるから、マレットゴルフが3コースくらい作れそうです。刈ると歩ける、これが最大のメリットかな。
操作はいたって簡単でギアチェンジは前と後ろ、スピードは牛が歩く程度だから散歩感覚で万歩計を楽しめます。

先月野草酵素作りを体験した方たちが酵素を順次取りに来ていて、草刈りの合間に顔を出してみると入口で草履をはく一人の青年がいました。
「何それ、おもしろいはきものだね」
「最初は痛かったけど馴れると走れるようになりました」

自分で調べてオリジナルに作ったそうです。ベースは二重で下がゴム上が皮、それを親指の付け根から出た1本のひもで3点止めして結ぶというもの。もともとはタイヤのゴムなんかを利用してたみたい。
「できるだけ素足の生活がしたくて・・・」
「なんていう履物?」
「さあ-そこまでは」
おしゃれだけど、これってせっかちな人には向かないのと、緊急避難時は手に持って逃げる?
真似したい方はこの写真だけで作ってみてください。どろ命名、「1本サンダル」でどうでしょうか。

タンゴはどっち?

 JUGEMテーマ:日記・一般
 朝15~20分ほど車を温めないと乗ることができない。白く氷った窓をとかすこと、そして室内を温めること。今朝もエンジンをかけに行ったとき、ペットボトルが1本床に転がっていた。そういえば昨日500mmL10本をPからとってきたなあ、そのうちの1本が転げたか。
まだ栓も切ってないのにガチンゴチンに氷っていた。今日は寒の入りだけど、今年は本気の寒さが早いなあ。

うっすらでも雪のあと散歩するといろんな足跡に出会う。さてタンゴのはどっち?

イブはグリーンマンで

JUGEMテーマ:JUGEM
 朝FMラジオから山下達郎のクリスマスソングが流れていた。
「雨は夜更け前に雪へと変わるだろふうん」、とてもとても、どろんこ周辺は氷点下7℃くらいまでいってるけど、日中は暖かく、今年もホワイトクリスマスはパスの予報みたい。生活的には助かると皆思ってる。

山本ツヨシのカッパと土偶観の個展が終え早1ヶ月が過ぎようとしている。8年間諏訪にいた彼は今月京都に引っ越すと聞いている。宮司の仕事をしながら、空いてる時間は編み物や組立、工作に夢中になってたらしく、色々見せてくれた。
ビニールロープで編んだというこれらかぶり物は本を見て作ったという。1つでなくいくつも。土偶の時もそうだった。初めは本を見ながら、そのうち創作土偶に。工房の外壁に引っかけてあるけど、もしかして畑の魔除けになってるかも。
そうそう彼と私には共通点がありました。何でも拾ってくるもらってくる、それをいつか工作する、他人から見ればどれもがらくたかもしれない。その彼曰く、
「サンタクロースはグリーンマン、最初は緑の服だったんです」、言い切るところにツヨシの世界がある。

 

無口なおじさんとおばはん

JUGEMテーマ:日記・一般
 
どろんこから車で3分、JAのアグリモールがある。家庭菜園をやるようになったらできたという、どろんこのためのお店と言っていい。←ほう~
そんな大切なお店なのに時々しか行かない。(年に数回) ほしい物はいっぱいある。基本的にお金をかけずにやりたいから我慢する。この日もぶらり立ち寄ると昔ながらのカンジキがあったり、防寒服があったり。防寒服は雨を通さないからこれからタンゴのとの散歩なんかにいい。よし買うかとレジに出すとポイントカード忘れてるし。めったに買い物しないのにこれでは溜まりませんな。

ちょっとおじさん、おばはん、さっきからじっとして何してるの?
なんだ、へのへのもへ字か、まぎらわしいですよ。

空に浮かぶ茶室

JUGEMテーマ:日記・一般

  「世界で危険な建物のベスト10に入るものが茅野市にある」、と長女から聞いた。
その建物は「高過庵」(ネット参考)、その作者・藤森氏が今回公開で作ったのがこの茶室。市民館入口の芝生スペースに飾られた。室内からも鑑賞できるように。
何度か駅に寄った時の見る過程では、舟のように木組みし板を張り、下部は土を塗っていた。上部は細かく切った銅板を折り曲げ無理やり葺いた感じ。でもそれが不規則な流線形なのに不自然でない。中にこそ入ってないけど、なかなかの作りだった気がする。なにしろビニールシートを持ち上げのぞき見しただけだから。
ハシゴ状の丸太の柱からワイヤーで宙づりされ、少しの風で揺れていた。屋根つきのハンモックみたいだ。煙突が見えるように中には暖炉みたいに火をたくことができる。なにせ茶室だから。
こんなすごいものを作る方がいるとはオドロキです。蓼科高原に寄られた方はぜひ茅野駅東口、茅野市民館にお立ち寄りください。ついでにどろんこにも。

そのすぐ脇で中に入れてもらえないワンちゃんたちが。茶室もワンちゃんも紐につながれ、似たようなオブジェ?
でもなんだかワンちゃんの方が人気あるみたいな・・・、しつれいしやした。

どろんこにカマダー登場!!

JUGEMテーマ:日記・一般

  お日さんがのぼると蝉の声で毎朝にぎやかだ。流れる水音のように途切れなく、うるさいというほどでもないが耳をふさいでも入ってくる。「シャンシャンシャン」、「ジージー」、「ツクツク」であったり。今だけのオーケストラと思えば贅沢気分でいられる。
そんなどろんこ工房横の造形畑に、顔出しキャラ第3弾カマキリンダー(略してカマダー)が登場しましたよ。

暑いにくそが付いてますが、草むしり体験はこの付近でやってもらえると助かります。今期まだ誰も挑戦してないのはどうしてかな?暑さ対策として麦わら帽子など用意してあるのでご安心を。
どろんこへ来たらねん土体験、次に草むしり体験、そしてイモラー、デイラボッチ、そしてこのカマダーに顔を突っ込んでくださいな。
キリキリシャー!←カマダーの叫び?