素早い子育て


田んぼが始まるころになると、どろんこ工房にツバメとセキレイの番(つがい)が何組も戻ってくる。以前は母屋の玄関にも巣を作っていたけど、天窓をそこに移動したら明るくなったせいか全然来なくなった。
今は工房の北と南面にいくつも作り、巣立った雛は間違って工房に入ってくることもしょっちゅうだから困惑することがある。上のはめ殺しの明り取り窓を行き来し、入ってきた窓やドアからなかなか出てくれないこと。
その対策としてA4の厚紙に目玉を書いてぶら下げたり、ビニールをはったりとかしている。
もう1つの仕事場はツバメは来たことがないけど、セキレイは毎年やってくる。人が近づくと、目の前でうるさいくらい啼く叫ぶから、巣があるのがバレバレ。しかも高さとか場所とかお構いなしに作るから呆れることもしょっちゅう。
これは私の携帯で息子が撮ったもの、巣立つ前日だった。息子が言うには巣立つ日が決まってて、それまでは何があっても出ないそうな。そんなんだから猫にやられるんだよなあ。

カエルはクライマー


週末が近づくと雨が降るから、稲刈りのタイミングが難しいみたい。状態が良ければ田んぼ1枚刈るのに約30分~1時間だけど、キャタピラに泥が巻きつくとトラクターも難儀する。
今朝ファームの中で久しぶりにゲンちゃん(ヒキガエル)を見た。昔はたくさんいたという話を聞くけど最近はめったにお目にかからない。のそのそ歩いてたから邪魔をしないようにそっとしておいた。
用水の水も半ばに止まって、今ちょろちょろ流れてるのは山からの伏流水、これも水が冷たいのかよじ登ろうとしているけど手は出さんよ。なんせプロなんだから。

アマランカエル


9月になると客足が極端に鈍くなったどろんこ工房。このままではと思い、昨日は朝からどろんこのチラシを山のホテルさん関係に配り歩いた。玄関や駐車場にいる親子連れには直接手渡ししながら約20ヵ所。
小雨が降ってなければジコボウでも採ってたかもしれんキノコのシーズン。これから紅葉も見ごろになる。おいてきたチラシが目にとまりますように。
そのおかげなのかどうか、遠藤さんはお昼も食べれない忙しさだったという。(ばんざ~い)
どろんこのアマランサスにアマガエルがちょこん。隠れてるつもりでも赤い花の中じゃ目立すぎ、食われまっせ。

アマガエルを知らない


どろんこ周辺は、お盆を過ぎたら真夏日がなくなり空気もひんやりしている。すごしやすいといえばすごしやすいけど、夏が終わったなあと感じる。
どろんこの体験も、夏休みの工作として焼けるのは今日明日の作品が最終になると思う。(急げ)
どろんこにはいたる所にアマガエルがいる。ファームに入った子たちがそれをつかまえようとしている。
実物を見るのは初めてという子がけっこういて驚かされる。もちろん手に持つなんてできないし、カエルが跳びはねただけで大騒ぎしているからゆかい。
じつはどっこい、ファームの角にある自称’いなずま池’にはでっかいトノサマガエルが何匹もいる。アマガエルくらいでキャーキャー騒いでいたら、あれ見たらひっくりカエルぞ。←あきれカエルわい

涼しいのお


どろんこのねん土体験はお盆が終わりピークを過ぎた。
お盆をすぎたら暑さも過ぎたのか、朝の散歩も1枚多い。
オリンピックもピークを過ぎたのか日本選手のメダル数がさびしい。←関係ないか、でもあの3種目(柔道、水泳、レス○)がなかったら寒かったよ。
先週はどろんこを手伝いながらファームの草刈り、草取りにビッシリ時間をかけた。少しやせたかも。
暑さで食欲がないという声を耳にするけど、なんのなんの食欲は変わりないからやせた’かも’になる。
少し休みボケが残っている。
写真:タラの木の葉っぱに集まるアマガエルくんたち

どきなさいよ


いや~、これが9月後半?、好天(?)のせいだけでなく、用水の水が止まるわ雨は降らんわ、どろんこファーム期待の小池が枯れそうでSABCE。←クイズか。
無駄とは思うけど、一応気がついた時は両手にバケツいっぱいの水を入れててくてくと運んで補てんしているけど・・・全然変わりない・・・やばい。
子供心で池を作ってみたけど現実はきびしい。
そんな緊急時にもバケツからのいてくれないケロちゃん、どけっちゅうの!
今日はどろんこ工房を手伝いながら、そばの実でもこいでサツマイモでも掘ってみるか。

暑いのお


夏!っちゅう感じの暑さが日の出からあるあるケロケロ。
どろんこ工房前の里山「大泉山」のおかげで、何とか日陰でどろんこファームの作業ができるけど、その日陰でさえ草をむしったりすると汗がしたたり落ちる。
裏の猫ひた畑のモロコシが順調だ。
植えっぱなし、追肥なし、消毒なしなのにどれもしっかり実をつけてくれている。
そろそろでんな。

ゆらり花に乗って


ひさしぶりにおらの出番だっべ。
どろんこの庭は群生はしてねーけど、草花がいっぺえ植わってるだで。
これはマーガレットと聞いたけんど、誰かが植えてケロって持ってきたもの。こんもり殖え、大きくなりすぎてひょろーんと寝てるやつもおるケロ。
この草って蚊取り線香の原材料になるってことも小耳にはさんだけどほんとかやあ。
こうして県道を行く車の数を数えてると、んなわけないじゃろ。
陽も高くなってきたしそろそろ下りるとすっペか。

まだ凍る日も

<用水の薄氷>
今朝はホトトギスの声も聞こえてくるし、工房には今年初のツバメもやってきた。しかも6~7羽が1度に。
自分達の巣の位置を確認しあってたが、こんなに寒いことは計算違いか少し震えてるような。
田んぼに水は入ってないし、虫も出てこん、餌はどないすんねん?と、余計なことを考える。
我が家にお客(?)が増えるのは構わんが、これから糞害に悩まされることが頭をよぎる。
それにしても人の横を嬉しそうに飛びまくってからに、ちっともじっとせんから写真も撮れん。
少しは遠慮ぎみに行動して洗濯もんのそばだけは来たらアカンで。
キセキレイ、セグロセキレイの番(つがい)が先客でいて更にこのツバメ集団、工房がのっとられるわ。

冬眠せんぞ


このカエルさんは小淵沢IC近くの体験工房で、中をぶらぶらしてたら目にとまり、つい捕獲をしてしまった。
もちろんただのお飾りではなく、ちゃんとブレザーなどにつけている。
電動ミシンで形を切り抜き、彫刻刀でレリーフに。あとはニスで着色しただけのシンプルなもの。
なんだか夏の夜、どろんこのガラスにへばりついて「入れてくれ~」としてたやつにかぶる。
昔からカエルは縁起物、時々拭いてやると福カエルとかいって、なんかご利益があるかも。
木休めでも「しっかりたのんまっせ」。