ありがとうタンゴ

JUGEMテーマ:日記・一般

  毎日寒い日が続いている。部屋にいると特に感じる。
石油ストーブで暖をとっていても片側だけ熱く、もしかしてローストになってたりと思ったりして。
陽があるうちは外で身体を動かしてたほうが断然暖かいがこの時期そんな都合よく仕事はない。
というか未だかつて経験したことがないくらい仕事が少ないできない1月、アベノミクスどこへやら諏訪地方はどうやら素通りされてるみたい。
そんなお寒い中昨日我が家のフォトブックが届いた。
先日お手上げになったデータ作成を長女にお願いして写真本にしたもの。
何度も見た写真なのに1冊にまとめると以外に楽しく笑える。
というのも我が家では”変顔”で記念撮影することがよくある。
1枚は真面目に2枚目は変顔でというように。(当然タンゴも)
前半中半後半にタンゴを、間に喜怒哀楽な親戚なども入れ、タンゴの成長記録みたいなもの。サブタイトルは”ありがとうタンゴ”。
じつに暖かい本になっていた。

タンゴとウエルカムボード

JUGEMテーマ:ペット

  昨日の雨で残ってる雪層がずいぶん低くなっていた。
駐車場も夜中に少しかいておいたから、今朝バックしながらその上に乗りげてみた。
でもさすが0℃とはいえがちがちのガリガリ。直の壁だったらへこんでいたかも。

5月中旬に姪っ子の結婚式がある。久々に明るいニュース。
その式に使うウエルカムボードを昨年の7月電話で頼まれた。
よく知りもせず「任せとけ」。
あとからネットで調べてこんなもんかと、まあ何とかなるでしょう。
届いたメールの写真をプリントして「おえかきちょう」に何度もイメージを下描きする。
最近描いてないからなかなか感じが取り戻せない。
でも時間はあるビスタ~リ。 仕事的に落ち着いた先月から本腰で挑んだ。

ただイラストにするよりPCでデータ化すれば文字も入ると悪戦苦闘。
あれから8ヵ月、本人の確認をとり業者にイラストデータとして送信。

今我が家ではタンゴを獣医さんに預かってもらうことを心配している。
なんせ今月26日で満16歳、数えで17歳になる。
預かってもらうには注射を受けなくては、そのためには助手席でダッコが必要になる。
3年前までは取っ手口に前足を置き威勢よく車窓から景色を見ていた。
交差点で止まれば歩くひとに半分明けた窓から吠えてたくらい。
だから助手席側の窓はタンゴのツバのあとだらけだった。

もう1つタンゴは獣医さんの所が大嫌いで大きなストレスになるようだ。
迎えにいった時の態度が百万語に勝る。 少し複雑。
なんとしても今回だけは頑張ってくれ!

チョーマズイ缶詰!?

JUGEMテーマ:ペット

  昨日はこの冬初めての氷点下でない1℃の朝を迎えた。砂利の地面が柔らかかった。
そして今朝は雨も止みなんと4℃、靴が少しだけ沈む。
視界約30Mの霧の中をスモールライトを点けて仕事場まできた。
石油ストーブに乗せてあるアルミ鍋の中の水が氷ってない。普通なのに変な感覚。
このまま引き返すことなく春まっしぐらに行ってほしい。

タンゴが食事中、前足に負担がかかり苦しそうだと思えた妻はネットで御膳を購入した。
こんなのダンボールひっくり返したのとか日曜大工で作ってもよかったのだが、この子のためなら何だってというのがにじみ出ている。
おかげで少しは楽になったようだが、なんせよほどお腹が空かないかぎり、獣医さんから出してくれてる缶詰に見向きもしなくなった。
食うまでそのままにしておくと半日遅れでイヤイヤ食うのか食い散らかす。
味が薄くても野菜のカケラや刺身のツマに軍パイが揚がるとは、よほどマズイのか。
獣医さん曰くこの種は好き嫌いなく何でも食べるを逆らうように、手に持って差し出した物を食わないのは唯一この缶詰だけ。高いのに・・、古くなったけど”どんだけ~”。
タンゴも避けて通るこの缶詰は本当に犬の為に作られたのか全国の犬に聞いてみたい。
見た目は肉系だけど人間には分からないチョーマズがあるかも。

タンゴはダイエット中?

JUGEMテーマ:日記・一般

 
昨日風呂上りに古いアルバムを見てたら、息子に抱かれるタンゴを見つけた。
まだデジカメも一般的でない15年以上前だから本当に懐かしい。
どろんこに引っ越してくる前、我が家に来たばかりの頃。前足が大きかった。
そもそも急に来た訳だから躾の勉強も心の準備もできていなかった。
抱いてるときは可愛い可愛いの連発でも、毎朝ゲージを覗きこまなくてもウンチの臭いがする。そもそも一人(匹)で寝かせると不安で怖いに決まっている。かといって同じ部屋で寝れば夜泣きでうるさいし。
この頃のウンチは柔らかく毎朝ウンコまびれ、それを洗面台の中で全身を洗っていたから、タンゴはこの時から水がきらいになったと思う。
以後成長過程で風呂に入れる度に悲鳴に近い叫び声と身震いをくり返している。

どろんこ工房に来るお客さんのなかにはペット連れも多い。
他のお客さんの許可を得れば工房に入れて横で座ってる事もある。
賢そうな成犬に見えても歳が若いと家族の本音がチラリ、「チョーウルトラバカ犬」とか。
どこもみんなそう、部屋の中で飼うということは、まず人間が躾の勉強をしなくては。

ところでタンゴはまだまだ元気。体重は8kgくらいになり一人でダイエット中? 
とにかく缶詰を食べてくれない。何でもいいから人間の食うものを欲しがる。
獣医さん曰く、「この犬種は何でもよく食う(いやしいを遠回しに)」
嘘です。
今のタンチンに限っては缶詰の種類を変えてもなかなか手をつけず、だから捨てる事も。
ろくに食わないのに元気というのも不思議。

新ユニフォーム

JUGEMテーマ:ペット

 夜明け前から雨が降っているどろんこ周辺。
以前ならどんな天気だろうと容赦なく散歩にせがまれていた。
若い頃からロープも持たず散歩していたから、左右に分かれて広い田んぼ7枚の奥で合流、一緒に帰ってきたつもりが、またはぐれて随分遅れて戻ってきたり。誰の散歩だか。
最近は一緒に出ても、せいぜい畑の中をうろうろするだけ。気付けば先に戻っている事も。

こういう日は外に出しても、畑にも行かず工房のひさしの下とかで用を足す事が多い。
へたするとベランダで・・・、「そこはだめ!」、構えるとすぐにコロンと出るのは昔から。
玄関入口とか自分の車の横とか、近場の踏みやすい所?にするのは癖なのか嫌がらせなのか。

そんなタンゴの新しいユニフォームは黄色。少し若返ったぞ。
しかし、外に出して用を済ましたはずなのに、オムツを替えて30分も経たないのに眼につく場所でシッコしているではないか。これも嫌がらせなのかわざととしか思えん。
寝る時間の多くなったタンゴだけど、妻が立ちあがると赤い糸で結ばれてるかの様に、いつの間にかお勝手にいるタンゴ。私が横を通っても振り向きもせずおこぼれを待っている。
今は”食”だけが生きがいみたい。

余生わずか何をやってもいいと思うんだけど・・・、どう考えるか。

最近のタンゴ

JUGEMテーマ:JUGEM

 どろんこ周辺はすっかり秋陽気、夏は終わったと肌で感じる。
目の前の里山へ最近ほとんど足を運ばなくなってしまった。
散歩にずくがなくなるタンゴなんて考えもしなんでいたから、自分も出歩かなくなりブログ更新にその景色が全然入らなくなっていたとは。
どんな天候だろうと1日も休まず元気よく飛び出すタンゴにどれだけ恩恵を被っていたか。
今娘と孫が1日一緒にいるけど、その娘曰く、「タンゴ寝てばかり」と。
そのタンゴが唯一元気な場面が夕飯の30分くらい。何かくれるんじゃないかとテーブルを回りながら顔を乗せたり、もらえなかったらこの時だけ”くれ!頂戴!”と迫力の薄れた声を出す。
つい負けそうになる。
獣医さんから、「缶詰以外与えるとタンゴの身体の為には良くない」
家族は、「あと少しだから好きにさせてやりたい」、「でも長くいてほしい」
腰は曲がり(犬も腰は曲がる)足もずいぶん細くなった。もっと細くなったのがウエスト、上から見ると体脂肪3%のアスリートのようだが、まるで昆虫のようでもある。
中玉トマト1個食べるのさえ難儀してる今、せめてまだ噛める余力があるうちに好きなものをと内心強く思う。
白内障で30cm先がよく見えないみたいだけど、まだ嗅覚のあるタンゴにとって夕飯時は、一縷の望みもった、楽しみでもあり地獄でもありか。
そんなタンゴの叫びが孫の声に仕草にかき消されている。

おらは収穫野菜か、ちゃん

JUGEMテーマ:ペット

 
皆さん久しぶりです。まさかこんな日がくるとは・・・、誰にでも来るんですよ。
毎日朝夕ちゃんとご飯をくれる方と散歩はしてますよ、一応。
ただ歩くのがおっくうですぐに我が家に戻るから、夕方2~30分こうして社会見学してるんす。
始めん頃は捨てられるのかなあとびくびくしとりましたが、今はすっかり慣れもうした、ちゃん。大五郎のセリフか。
滅多に人と合うことはないんだけど、たまに会うと「まあかわいい」、と大昔の娘さんに声をかけられますが、そんな歳じゃねえっつーの。
こんな姿山のキツネどもにだけは絶対見られたくねえ。
お忍びセットのサングラスと帽子がほしいのお。
がらがらがらがらがらがらがら・・・・・続く。

少し痩せた?

JUGEMテーマ:ペット

 昨日の断水騒ぎは結局夕方までかかった。原因は漏水との事、配管替え工事だとしたら早く直ったほうかもしれない。けど我が家には続きがあった。
県道沿いとはいえどろんこは1番高い位置にあり、最後の空気の抜けが集まったとのこと、すごい勢いの圧がどの蛇口からも噴出。結局水道課の方に来てもらい通常に戻ることができた。

最近のタンゴはそんな騒ぎがあったことなどお構いなし、誰が来ても吠えないどころか無視して寝るようになった。いい子になったのかただ歳のせいで動かなくなったのか、とにかく人が来ても大人しくなった。
こたつの中から突然「キャイン」と奇声を発したりオムツを替えるときも痛そうな素振りをしたり。
シンボルのなぎなた尻尾も以前ほど直角に立ってない。
オムツの中で用を足す事が多くなったけど、それでも数時間おきにオムツをはずしこうして一人で外へ。もう遠くへ行く事もないし、ベランダを上り下りする姿も杖がいりそうだけど、それでもまだ食欲は衰えないからまだ元気なほうでしょう。
「何見てんだ早く中さ入れろ」

タンゴ元気の源

JUGEMテーマ:日記・一般

 我が家の床下を張り巡らせてある給湯設備の配管に問題が生じたのは1週間前、―16℃の時だった。それから今朝は2度目の-15℃、普通にお湯が出てくれてホット、やはり―1℃の違いは大きいけど、まだ配管替工事してないから冷や冷やもんの毎日。
ところで昨日の夕方、信号待ちしてたら前の車の番号が目に入った。昔からNoをみては語呂合わせする癖があり、その感覚で見てると、
「はてこれはどっかで・・・」、あらまおらの携帯ではないか。宝くじでも下4桁は当たらなかったのに何たる偶然、しかも諏訪Noだし交換してほしいくらい。こんなことってあるんだと親近感を覚えた。

我が家のアイドル?はゲージで育てる習慣をつけなかったから、昨年から本格的にオムツなしではいられなくなり、着替えの数も多くなった。
本人も楽ちんみたいで、大こそないけどオシッコはいつでもどこでも。
来月は満15歳の誕生日だけどケーキもお肉もなく缶づめだけだよ。
時々おやつにキュウリなど身体に影響ないものを、ほんの1カケラをこのカウンターから出して戻すと美味しくもないはずなのに、まだあるはずと未練たらしく一人で背伸びしてカニ歩き。(ぴょんは昔からできない)
このいやしさが元気の源かな。でも最近私に無愛想。

慣れました

JUGEMテーマ:ペット
 どろんこのGW後半はお天気の悪かった3,4が混み、良くなった5日はポツリ、6日は雨にもかかわらず帰省でピタリ。
でも今回はお客さんの対応は一切スタッフ任せで、誰がどんなそんな物を作ったのか、楽しんでもらえたのか少し心残りですが、親類が大勢来てくれ大変ハードな後半だったことは確か。準備も含め6日間休んだことなど今までなく、仕事のスイッチはどこにやら。
その大変な期間中、タンゴが口から血を出しあちこち血だらけになる騒ぎが。タンゴは私にさえ口を開けさせないないし医者に連れていったら休みだし、何日も止まらないし。
結局あくびをしたときのぞいたら上の奥歯が抜けたみたい。缶詰をスムージーみたいにしてやっと止血された感じだけど、しばらくはゲージの中生活でストレスがたまっているかも。そのせいか夜中騒ぐし吠えるしで今朝は皆寝不足ぎみ。
皆が帰ってくると何かこうかあって騒ぐけど、いい子のいつものタンゴはどうしたのかな。