初めての筆の里

これといって理由もなく遠のいていた映画鑑賞、夏は「シン・ゴジラ」を、そして昨日は「君の名は。」を観てきた。

アニメとひとくくりできない芸術性の高さにただただ感動、まさに映画館でしか味わえない至福のひと時、もう一度観たい。

 

さて広島初日妻の厄日にはおまけがある。

茅野駅ホームから歩くたびにカッコーンカッコーンとひときわ大きな音が響いていた。ヒールで忍び足は難しいぞっちゅう感じで。

広島駅から厳島神社へ、そして宮島水族館を出たとき、靴底に被せてあるものが片方外れていた事に気付く。歩きにくいはず、なのにこの日は10000歩も。

「あれだけある中から何でわざわざこれを・・」と悔やんでいた。

今回の広島旅行は絵手紙大賞の授賞式にお誘いがあったから。

当日デパートの開店を待って靴探しを優先した妻は、式に間に合わないということで夕方まで市内をぶらぶら、たまには一人もいいかも。

 

さて自分は、駅を降りると送迎用バスがもう待っていた。

10人くらいのこじんまりした式を想像してたから、まさかこんな大勢のスタッフに迎えられる大きなイベントだったとは。

参加者のほとんどが中高年、これからゲートボール?みたいな。

全国各地から来たこともあって2人連れがほとんど。

奨励賞以上の作品だけが飾られた展覧会場は、自作の前で記念撮影があり、どっかで見たような懐かしい光景は・・・美術会だ。最近疎遠だから忘れてた。

芸術的にいえば絵手紙や漫画、イラスト等は美術分野にないけど、その文化は確実に高め広め愛好家は多い。

この熊野町はその絵手紙の聖地であるから、約80名の受賞者は歳を忘れ素直に喜びに満ちている。

プレパトでお馴染みの野村氏が特別ゲストとして授賞式後にトーク、「どの作品も素晴らしく甲乙点け難い、皆さん才能ありです」、と笑いを誘っていたが、実際どれをとっても審査員泣かせ、約5700点のなか何で自分のが12点の中にノミネートされたのか不思議なくらい。

大賞は一般投票、しかもこの日に皆の前で発表という美術会では考えられないストーリー。大いに盛り上がった事は言うまでもない。

絵手紙は、もっとも安価でいつでもどこでも誰にでも気軽にできる脳トレ、今さらではなく始めた時が一番いい時といつも思う。

ところで大賞は、第20回ありがとう大賞で検索を。

gyatoku

PS 筆の街交流館では他で見ることのない数多くの筆の展示、制作実演もやってました。

絵手紙のおかげで広島まで

昨日は1日中ぐずつき日中でも0度だったが、今朝はなんと-9度という1月並みの冷え込み。頼むわ~まだ早すぎ。広島では半そで姿もいたのに。

 

バタバタだった広島初日、それでも夕食は食べたかったお好み焼きを。駅中にあるお好み焼き屋さんはどこも満席でとにかく座りたかった。

たまたま空いてた店があったのでカウンター席へ。

作り方をパフォーマンスにしてるから席に無駄な物は何1つない。というかメニューさえ置くスペースがない。

薄い生地にたっぷりのキャベツを乗せ、袋から出したそばを別に炒める。たっぷりの具を卵でサンドしソースとネギ、こうやって見てると家でもできそうという感じで約20分待った。

鉄板があるのに皿に盛って出される違和感はあったが、1日を癒してくれる味だった。が、後に妻曰く、目の前で焼いてたスタッフが不愛想で居心地が悪かったと。

しゃべりかけてきてもイヤ、無愛想でもイヤ、何にでも点数をつけている。

広島駅の2F飲食店街には半分以上がお好み焼き屋さん。有名なお茶みたいな店名だったなあ。

朝11時の開店にはどこも行列ができてる人気、いちいち愛想なんか振りまいてられるか、というんじゃなくたまたまそういう人が目の前にいただけの事。

妻はホテルで入浴後ヘヤドライヤーがない、書くものがないと騒いでいたが、翌日ベッドの上のノブのない開き戸を開けたらちゃんとペンもドライヤーも入っていた。

胃の調子が良くないと言ってた妻は食べたいと思ってたお菓子も買えず、寝るまで広島初日は厄日だったよう。

dsc_0253oko1

ちなみに下は別のお店の広島風お好み焼き。具はうどんにしたがあたりが柔らかくこちらも美味しかった。カキはトッピング。

dsc_0257oko

<続く>

ドジを絵に描いたような広島行

いくら紅葉がお仕舞いになったとはいえこんなに早く積雪になるとは。

2日前にスタッドレスに履き替えたが、何シーズンも使っているので効きが悪い事。今朝の出勤は少しヒヤリだった。

まだ3回しか山が白くならないのに初雪とは・・、まだズボン下もはいてないのに。

dsc_0258yu

 

さてこんな事でもなけりゃ来る機会があったろうか、カープV余韻の残る広島はどこも赤ヘルの色や匂いがする。

19日(土)の絵手紙大賞授賞式に招かれ、当日では出席に間に合わないので金曜の朝、2人で茅野を普通電車で出発した。

塩尻から名古屋、そこで乗り換えた新幹線は似たような番号が停車していたのですぐに乗り込むと指定席が満員!?そんなバカな。

じつは1つ早い列車だったようでもう発車してるし。まあいいやとそのまま初グリンを体験して新大阪まで。じつはこの時の懺悔がある。

新大阪で更に乗り換え前に車内で用足しを。ところが予想外に早く着いてしまいドアの外で早く出てという妻たちの声が。

「どこだどこにもノブがない!」

まだ途中ではあるが流し方が分からんし・・・乗換え遅れたらあかんということでそのままにして出た事は厳島神社で詫びよう。

広島着後もフェリー乗り場を違えたり、宿に戻る電車を乗り間違えたり。

もっと優雅なプチ旅をと思っていたのに、電車の乗り換えでつまづいたら行く先々ケチがつき散々な初日に、なんちゅうドジ。 <続く>

p1030862se1

 

採れたては格別に上手い

どろんこ周辺に今朝2度目の霜が降りた。

この時期畑で採れるものとしてサツマイモと里芋があるが霜は大敵になる。

幸い紅アズマは週末に全部掘っておいたし里芋も半分以上はこのように。

今年の里芋は今までになくいい出来で掘っていても張り合いがある。

これってスーパーで買うのがあたり前だったけど、作ってみると柔らかくてとても美味しいことが分かった。

いつもは葉っぱの大きさに比べ収穫量の少なさを嘆いていたが、仕事場の目の前の知り合いがいつも立派に育ていたので聞いてみた。

「堆肥をたっぷりやるといい、後は何もしない」

その通りやったら2人では食いきれない収穫で嬉しい悲鳴。

今年はニンジンも小まめに作った。

この間引いた小さめはサラダにすると柔らかくて美味しいし、葉っぱは天ぷらに最高!

作ってみないと分からないプラスαが野菜にはある。

imo

どろんこ周辺に初霜

諏訪地方はようやく降らない日が続き、平日どこ吹く風稲刈りがどこも急ピッチで行われいる。それもそのはず10日から2週間は遅れていたから。
ようやく秋日和になったと思っていたら今朝初霜があった。

雑草の勢いも止まるが野菜も大方終りになった。

先月からちょろちょろ耕しておいた場所にマルチベッドを作り、こちらも10日遅れて自取りニンニクの種をその一角に植えた。

20日過ぎには玉ネギの苗が出回るから準備は万端。

畑の片付けをボチボチやってるけど、霜が降りるようになったら普通の長ぐつだと足が冷えて30分も続かん感じ。

明日は蓼科彫刻の解説を頼まれているけど防寒靴はいていったほうがいいかな。

蓼科に紅葉狩りを計画してる方、日中はまあまあでも午前中は冷えますよ。

dsc_0226tama

今日あたり届くかも

 お盆を過ぎてから天候の良い日が少ない。
諏訪地方は御柱祭の続きの小宮祭がほぼ毎週どこかの地区で行われ早朝音花火で賑やか。
小宮祭といえど本番と変わりない柱を使うからバカにできない地区もある。
小宮も色々あり、地区とは別に性、例えば上條名は細田名の流れだから一緒にやるとか、山の途中にある小さな祠(ほこら)まで数え上げたら切がないくらい。
ローカル紙はいちいち全部取り上げきれないという。
そんな小宮祭は雨天決行、この天候には関係者一同やきもきだと察する。
でもどろんこ的には良くてお客さんが来てくれるから嬉しい。
先月中旬の作品約150個が焼きあがり梱包中。
心当たりのある方もうすぐ手元に届くと思うからお楽しみに。
dscf4053sakh

美土偶とは

毎年10月9日を、10(とう)をど、9をぐうに読ませ「土偶の日」にする、なんか無理やりこじつけたような、でもマニアックな世界だけにこういう話題つくりをする事は、縄文時代の文化を広めるとてもいい企画だともろ手を挙げて応援したい。

そんな我が街の国宝土偶2体が美土偶コンテストにエントリーされてる記事が昨日のローカル紙の1面を飾っていた。

各県から選ばれた土偶19体を見て”美”はどこ?、と思う方がいるかもしれないが、造形とはそういいったもの。

2つとない初めて眼にするものは、見れば見るほど味が出てくる。

その投票期間が9日までだから残りわずか。

茅野市は2つのエントリーがあり票が分かれて不利かも、とおもいきや今のところ4コーナーを回って縄文のビーナスが1位に立ってるようだ。

ちなみに20年前、池田満寿夫氏が来茅したおり、職員の名刺にあった小さな写真を見るや間髪いれずに「おお、まさに縄文のビーナスだ!!」と眼を丸くしたシーンを思い出す。

そんな縄文のビーナス(No.15)に清き1票を!

ありがとう絵手紙大賞もそうだけど、投票結果が楽しみ。

d-2

ご褒美に大きな絵てがみ

広島の熊野に1度は行ってみたいと前から思っている。

筆の里工房があり絵手紙文化を大きく広めた所でもある。

毎年35x70cmの少し大きめの絵手紙展を開催、今回20回という節目になる。

これまで何度か応募しいつも奨励賞だった。

今年は土偶レプリカの制作もあり仕事的にも多忙な日々の連続だったけど、GW明け何とか夜中に1枚仕上げたものを応募していた。

そんな事も忘れてた先日、夕方帰宅して目に飛び込んだA4対応の封筒、どうせまた奨励賞と思いすぐに封を開けずにいた。

そして食事前、片手でごそごそ出すが今回は何となく雰囲気が違っていた。

そしてよく見るとチラシの中の1つにありゃりゃ自分の絵が!

ete

裏を読むとどうやら12点がノミネートされNo4にいるではないか。

10月11日~11月10日の間にハガキやネット、もしくは会場で投票して賞が決まるとある。

なんとまあ、大賞は無理にせよこうして楽しみを待てるという事は幾つになっても嬉しいし大きなご褒美ですよ。

会期は12月4日まで、少し落ち着いたらプチ旅行をと考えていたが、広島もありそうな。

今年もポッケが届いた

まだ9月半ばというのに今年も来年のカレンダーが届いた。

スコ何とかというポッケ主役のカレンダーはどろんこ工房、会社、我が家に毎日どこでも目にすることができる。

それまでは15年以上水彩教室の生徒さんと一緒に作った手作りカレンダーだったが、メンバーが縮小されてからいつしか継続が途絶えてしまった。

ポッケのカレンダーは数種類ありまだ封は切ってない。

中を見てしまうとめくる楽しみがなくなるが、いつまで我慢できるやら。

そういや右の写真はポッケが「早く見ろ」と猫招きしてるような。

dsc_0197po

ききょう

毎日の通勤コースで、ある日突然目にしたもの。

2週間くらいたってもまだそのままなので家人に聞いてみた。

「新盆のしきたり、ここらではよくあるよ」

ウソ!ある訳ない、信州に根付いて40年以上見たことがない。

構造的にはまっすぐ伸びたヒノキ、サワラ、杉材を山から切り出してきて、枝を払い皮をむく。(それだけでも一般家庭には無理!)

上部に横棒を渡しその上に縄などでキキョウの花の形を作る。(なるほどキキョウだ)

そして灯篭をぶら下げる。

そういえば春先親爺さんが逝ったなあと。

ネットで調べたら「キキョウ」確かに出ていた。が、この風習この先見る事があるんだろうか。

IMG_0195ki

でなぜこの写真を思い出したのか。

そのときの会話で、片付けて利用が無いなら柱だけ頂戴と言ってあった。

その丸太が会社の敷地に置いてあったから。

いまだに何でもほしがりのおじさんであった。

何に使おうかな。